ウーマン

アトピー持ちでも安心して使える化粧水が誕生

ケアと保存方法

石鹸と花

全身のケアが一つで可能

顔を洗うのを目的とした洗顔石鹸の中には、体を洗うのにも使用できるとパッケージに記載されている商品もあります。本来、顔用なので洗浄力は少し弱いですが肌に優しいというメリットがあり洗顔石鹸としてだけではなくボディ用に使用することで体の乾燥を和らげるのにもオススメです。一つの洗顔石鹸で全身のケアが可能になると、旅行などで外泊の際には荷物が少なくてとても便利です。持ち運びの際にはお店で安いケースを購入して入れておくことも大事ですが、カバンや荷物が濡れないようにジッパー付きの袋に入れておくと安心です。石鹸が大きい場合や外出時の持ち運びに不便を感じるのであれば、外泊分になるように洗顔石鹸をカットして持って行くのも良いでしょう。

スポンジは適度に替える

保存方法として洗顔石鹸の下にスポンジを敷く場合、スポンジを購入した当初は洗顔石鹸が濡れた際の水分を吸収してくれるので便利ですが、期間が経つとスポンジが劣化してしまい吸収する威力が低下し、洗顔石鹸を守れずに逆に石鹸を溶かしてしまう場合があるので注意が必要です。適度にスポンジの水分を絞って乾燥させたり、場合によっては新しいスポンジに替えるためにも日頃から確認しておくことが大事です。一番良い保存方法は使用した洗顔石鹸の泡を洗い流してから水分を拭き取って風通しの良い部屋で保管することです。せめて浴室よりは洗面所などの近くの窓辺付近に移動させるだけでも良いでしょう。雑菌や細菌からも守ることができるのでオススメです。